終戦記念日に
2017 / 08 / 15 ( Tue )
DSC_0018_20170815193005e0d.jpg


昔、父から聞いた話です。
戦後しばらくしてからのこと、イタコの口寄せをしてもらいに行ったことがあるというのです。
父の兄は、激戦地で凄惨な目に遭いながら、帰還したものの
後日、病気で亡くなったという、いわゆる戦病死。
祖母が、その兄とどうしても話したいというので、新潟から遠路はるばる
青森の恐山まで連れて行ったのだそうです。

戦地でのことを多くは語らないまま亡くなったといいますから
祖母は、よほど心残りがあったのでしょう。

まぁ、その口寄せは、新潟の人の霊が降りて来て話しているはずなのに
バリバリの津軽弁で、当たり障りのないことを言うばかりだったと
父は苦笑いしていましたが。


DSC_0002_2017081519300708d.jpg


父は16歳で特攻を志願したものの、色弱で兵役にならなかったのだそうです。
当時、不合格になったことは、おそらく父にとっては不名誉なことだったのでしょうが
祖母は、陰で胸を撫で下ろしていたことでしょう。

中学か高校生くらいだった私が、その話を聞いて
「よかった。だって、もし特攻に行ってたら、私はここにいなかったかもしれないじゃない」
そう言ったら、父は少し驚いたような顔をしましたが
やがて相好を崩し、「そうだな・・」と笑っていました。

私たちが生きてここにいるのも、紙一重のこと。
父の兄も、もし戦争に行かなければ、私にはもう何人か
アラ還のいとこがいたのかもしれない。
写真を見ると、会ったことのないこの叔父は、父によく似た人でした。

合掌。


DSC_0006_20170815193007fc2.jpg



花のコピー


訪問ありがとうございます。ブログ村に参加してみました。
気が向いたらポチッ☆と、よろしくお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
花ブログ 小さな庭



スポンサーサイト

| 家族 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
浦島
2017 / 06 / 17 ( Sat )
木曜日に、日帰りで横浜に行って来ました。
この前書いた、叔父の見舞いです。
また長文になるのでテキトーにスルーしてくださいね〜。


DSC_0059_201706171012558de.jpg

ちょうどその日は、夫は会合があって帰りが夜になるというし
息子は夜勤なので、多少遅くなっても大丈夫だったので、前日に決めました。
あまり日にちが経つと、もう行かなくなってしまう気がして。

新横浜からローカル線 に乗り、懐かしい地名を追いながら外を眺めていたら
「浦島運送」っていう看板が目に留まりました。
このあたりにも浦島伝説があり、浦島という地名があるのを思い出しましたが
運送屋さんの名前としてはどうよ? ┐('~`;)┌ 
3日のつもりが3年経ってましたって、3年後に届いてもなぁ。
箱開けたら煙が出て、白髪頭のおばあさんになっても困るしなぁ。(もうなってるか?)ヾ(≧▽≦)ノ


DSC_0055_2017061710125603d.jpg


そんなことを思いながら、電車とバスを乗り継ぎ、やっと病院に着いたと思ったら
面会リストにない人は、リストにある人の了解がないと会えないし
今日は主治医がいないので、ダメだというのです。
リストにあるのは、叔父の連れ合いである叔母の妹と甥だということで
会ったこともなく、連絡先も何もわかりません。
兵庫県から、このためだけに日帰りで来たのだからと
成年後見人の書類も見せて事情を説明して
1時間半ほどのスッタモンダの末、なんとか会わせててもらえました。ε=( ´o`)
事前に電話しといた方が良かったらしいです。


DSC_0024_201706171012572cd.jpg


看護婦さんが、会う前に「amo子さんて知ってる?」って聞いたら
叔父は「自由が丘にいる姉さんの娘だ」って答えたそうです。( ゜o゜ )
50年ほど前に戻っちゃってますが、覚えててくれたんですね。

「子どもの時しか覚えてないから、大人の顔になっちゃってわかんないよ」
(大人になってからも何度か会ってるんですけどね。)
「amo子、amo子って言って、手ぇ引いて連れて歩いたんだよ」
って、うれしそうに話す顔や口調は、昔と変わらないおじちゃんでした。

いろんな思い出話をしてもほとんど覚えてないのに
そのなけなしの記憶の中に、私の名前があったことが無性にうれしくて。
やっぱり行ってよかったと思いました。


DSC_0005_20170617101259a13.jpg


帰って来てから、叔父を入院させてくれたという
叔母の妹と電話で話したのですが、やはりかなり悲惨な状況があったようです。
今はほっぺたもふっくらして、元気そうでしたから、落ち着いたのでしょう。

帰りの電車の中で
「オレいくつだと思う? 82歳だぞ。自分ではそう思ってないんだけど
どうやっても計算するとそうなるんだよな」
って何度も繰り返してた叔父を思い出し、なんだか浦島太郎みたいって思いました。
途中の記憶がないのに、いきなり白髪頭のおじいさん。
玉手箱のフタを開けちゃったんだね。


DSC_0022_20170617101257c55.jpg


花のコピー


DSC_0007_20170617101258957.jpg
お茶っ葉のケーキ。緑茶の茶葉を食べると体にいいっていうので作ってみました
冷たいお茶を作るので、たくさん出るお茶殻の再利用も兼ねて。(^皿^)
2煎めくらいまでのお茶殻を濡れたまま、スティックミキサーで軽く粉砕してから
卵と牛乳、ホットケーキの生地に混ぜました。
卵は白身だけでもフツーに美味しかったです。卵かけご飯で黄身だけ使った残りとかがあればね。(^_-)-☆
オーブンで焼いたけど、フライパンでもいいかも。
ほんのりお茶の味がして、意外と美味しいです。


花のコピー


訪問ありがとうございます。ブログ村に参加してみました。
気が向いたらポチッ☆と、よろしくお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
花ブログ 小さな庭





テーマ:花と生活 - ジャンル:趣味・実用

| 家族 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
大きなおにぎり
2017 / 05 / 31 ( Wed )
今日はちょっと思い出した家族の昔話。長いのでスルーしてくださいね。(*^ω^*)ノ彡
写真は今朝の庭の花です。


DSC_0009_20170531172708d42.jpg


小さい頃に、母の実家に行った時のことです。
まだ若かった叔父が、びっくりするくらい大きなおにぎりを
自分で作ってほおばってるのを、私は横で目を丸くして見ていました。
気がついた叔父が、「食うか?」って言って
少し取って小さく握り直して「ふん」って渡してくれました。
何も入ってない冷やご飯の塩にぎりでしたけど、うれしかったのを覚えています。


DSC_0016_20170531172707da6.jpg


母は9人兄弟の長女です。
戦後の物のない時代、着物や反物を持って
農家にお米を分けてもらいに行ったそうです。よく聞く話ですね。
農家の人も気の毒がって、白いご飯のおにぎりを出してくれるのだそうです。
薄い雑炊しか食べられなかった頃のこと
美味しくて、弟たちに食べさせたくて涙が出たとよく話してました。

9年前に母が亡くなって、納骨に来てくれた叔父と話していたら
その農家に連れて行ってもらって、おにぎりを食べさせてもらったと言うのです。
母の話は食べさせたかったというところで終わってましたが
本当に、順番に弟たちを連れて行ったのですね。

嫁入り支度の着物も貯金も、家族の食い扶持に使い果たした母も
やがて父と出会って結婚し、子どもも生まれました。
戦後20年近く経ち、白いご飯も好きなだけ食べられるようになって
おにぎりを食べさせたかった叔父と、娘の私が
大きなおにぎりを分け合って並んで食べていたあの時。
母にとっても叔父にとっても、幸せなひとときであったことでしょう。


DSC_0033_20170531172705081.jpg
 

1週間くらい前のこと、横浜の区役所から1通の封書が届きました。
「◯○様におかれましては、事理の判断能力が不十分な状況と考えられるので
成年後見人をつける必要がある。それについての同意書を書いて返信せよ」
という内容でした。
◯○様のところには、叔父の名前が書いてありました。

叔父の家に電話してみたら、「現在使われておりません・・」のアナウンス。
親戚に電話して状況を聞いたら、叔父も叔母も入院していて、市営住宅も引き払われている。
叔父はもう、何もわからなくなっているということでした。
この叔父夫婦には子どもがいないので、甥・姪までの親族みんなにこの封書が届いたのです。

こんな風になる前には、大変な状況があったはずですが
親戚は誰も知らなかったようです。
何かあるといつも、うちの母に電話して来た叔父でしたが
その母も今は亡く、助けを求めるところがなかったのでしょうか。

親戚と相談して同意書の書類は返送しましたが、成年後見人は、親族ではなく
福祉制度の中の公的な立場の人にお願いすることになると思います。

もう、してあげられることはあまりないし、しかたないのだけれど、なんだかね。
まだわかるうちに会いに行けばよかった。たまには電話くらいすればよかった。

小さい頃から食い意地張ってた私の思い出話と、後悔先に立たずのウダウダ話。(^^;)ゞ
長々とお付き合いありがとうございました。


DSC_0028_20170531172706978.jpg


花のコピー


庭では・・

DSC_0060_20170531172704a60.jpg
ブラックティー。ピンチしたぶっといベーサルシュートの先が伸びて、蕾が上がっています。
HTなので、側雷は取りました。2つだけ咲かせます。

あまり咲かなかったバラは、また蕾がポツポツ上がって来ています。
遅れて来た1番花か、早めの2番花か?
また少しの間、楽しめます。



花のコピー


訪問ありがとうございます。ブログ村に参加してみました。
気が向いたらポチッ☆と、よろしくお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
花ブログ 小さな庭





| 家族 | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
クレマチスとセダム
2012 / 11 / 22 ( Thu )
土曜は雨で庭仕事できなかったので、日曜にがっつり、月曜に少し。
ゼラニウムを植え替え、ヒメウツギとバイカウツギに施肥・・・。
まだまだやることいっぱい
いっぱい増やしすぎた私が身の程知らずでございました。


セダム1
セダム2
セダム3
クレマチスの鉢です。はい。 どの鉢もこんなんです。
夏の暑さ対策のため、株元カバーに手近にあったセダムを
ポチポチ折ってあちこちに挿しといたら、こんなことになっちゃって。

根張りが浅いから、クレマの根に絡まないのはいいんだけど
ここまで繁ったら養分持ってかれそう。
これじゃあ施肥もしずらいしなぁ。

このセダム、買ったのは丸葉のセダム・マキノイ・バリエガータ1株だけ
ほとんど斑入りじゃなくなってますけど。
細かい葉の方は、近所の塀と歩道の間にみっしり生えてたのを
はがして来て地面に貼っといたもの。
すぐに根付いたので、ちょこっとはがして貼っただけでこれです。


パルセット1
クレマチス・パルセットを植え替えました。
これもセダムがモリモリ育って、何の鉢かわからないありさま。
スリット鉢のスリットから、だいぶ根が出てました。


クレマ植え替え1
鉢を抜いたら、かっちりスリット鉢の形。ガチガチですね。
右上は分離したセダムとスミレ。スミレは種が飛んで勝手に生えました。

左下は鉢に元々入ってた土。まつおえんげいさんの土なのでチェック。
軽石らしきものが入っていて水はけよくしてあるようです。
ふるいにかけて、軽石みたいなのは再利用しました。

右下は、玉ネギの袋に入れた鉢底石。
前にテレビの園芸番組で、台所の水切りネットに入れて鉢に入れるといいと
言っていたので即採用。土に混じらず、植え替えの時に楽です。
うちは水切りネットがないので、タマネギの袋で。


クレマ植え替え2
スリット鉢のちょうどいいサイズのが売ってなくて、素焼きの鉢に植えました。
いまさら支柱は立てる気なし。もうじき枯れるし、枯れたら地際で強剪定だしぃ。
それまで折れなきゃいいと。


クレマの種
パルセットの種です。もう少ししてふわふわになるのが好きなので残してあります。
今のところクレマの種蒔きはやる気ないです。
種を蒔くと発芽までに1年、花咲くまでに3~5年だそうです。

交配とかしたら面白いと思うけど、そこまでの根気はないなぁ。
来年のことを言ったら鬼が笑うって言うのに
5年後だなんて・・鬼も笑い過ぎて笑い死にしますよね。

クレマチスはあとどんだけ植え替えしなきゃいけないんだか。
まだよく見てないんですけどね。はぁ~


ブラックベリー
それからこれ、奥が今年ポット苗で買ったラズベリー
手前がお隣から伸びて来たツルをツル伏せにして結着したブラックベリー。
だいぶ伸びてきたので、お隣との境に地植えしました。
これなら、どっちのツルが侵入して来ても、お互い様。
実がなった側で収穫するってことで。
ブラックベリーの方は元々お隣のだしね。


アグロステンマ
アグロステンマ、大きくなりました。いい加減、定植よね〜と思いながら
背が高くなるから植え場所に迷ってました。結局2カ所に分けて定植。
どっちかいけるかな~と。



今日は下の息子の誕生日。14年前、息子が8歳の時に夫と結婚して家族になりました。
「おかあちゃん、おかあちゃん」と、当時飼ってた九官鳥が覚えるほどに
呼んでくれて、おかげでおかあちゃんになれました。ありがとね。

学校から帰ってくると、私が仕事しているパソコン椅子と背中の間に滑り込んで
ゲームボーイで遊んでましたっけ。背中がほっこりあったかかった。

ゆびわ
脱脂綿で作ってくれた指輪。捨てられずに持ってます。
今日は恒例の唐揚げ大会です。




訪問ありがとうございます。ブログ村に参加してみました。
ポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
花ブログ 小さな庭



| 家族 | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
父の庭、その後
2012 / 11 / 08 ( Thu )
私の実家は横浜にあり、両親が亡くなって、今は貸家になっています。
最近になって法務局が登記上の地図の見直しをするとかで
土地調査の書類と一緒に、境界線の確認のため、写真を送って来ました。
昨日届いたその写真、久しぶりに見た実家の庭は、見るも無惨
荒れ放題というか・・ 草ぼうぼうの空き地か原っぱみたい。


実家の庭
送られて来たプリントアウトをスキャンした画像です。
屋根の高さくらいまで伸びたススキとセイタカアワダチソウ。
人が住んでるとは思えませんよね
どうなってるかと心配はしていたものの、ここまでとは・・・。



ユーパトリウム・チョコ


前に「父の庭」という記事にも書きましたけれど
父は植木好きで、庭を広くとるために家を狭くしてしまった人。
元々小さな建て売り住宅ですから、広いと言ってもしれていますが。

庭の景観を作ることには興味がなかったようで、鉢物が多く
南向きのこの場所は植木棚がたくさん並んでいました。
植木棚の間に、ユリやアヤメ、宿根草が覗いていました。
賃貸に出す前に植木棚は撤去しましたけれど。

ウインター・コスモス

奥には樹齢30数年の大きな柿の木と月桂樹があるはずですが
埋もれて見えません。
ムクゲもあったのに枯れたようです。
祖母が新築祝いに持って来てくれた形見の木なのに。
替わりに家の前で繁っている大きな木は、元々あった木ではないようです。
鳥が運んだ種で、何かの木が育ったのでしょうか。
草刈りをしてないのは、ちょっとやそっとの間じゃなさそうです。

ファビュラス

このご家族には5年ほど住んでいただいてますが
契約のときの条件で、草刈りや落ち葉の清掃など
庭の手入れは、ある程度していただくことになっています。
飲食店をされてるご家族なので、忙しいのでしょうけれど
これはあんまりです。父に申し訳ない気がします。

管理をしているはずの不動産屋さんに電話して
植木屋さんを頼んでもらおうと思います。
借り主さんにも厳重注意してもらいます。
所詮、人に貸してしまえばこんなもの。
庭に興味のない人にとっては、家だってボロいのに
何を大げさなと思われるかもしれないけれど
ここは父がいなくなってどれだけ経っても、父の庭なんです。

植木好きの人が借りてくれたらよかったのになぁ。
それよりも何よりも、父も母も元気で、老犬ラッキーと
植木だらけの庭で昔のように暮らしててくれたら、どんなによかったか・・。



ポーチ

ショックで、肝心の土地調査の書類にハンコ押して返送するの忘れそう。




訪問ありがとうございます。ブログ村に参加してみました。
ポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
花ブログ 小さな庭



| 家族 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム | 次ページ