11月のバラ
2017 / 11 / 12 ( Sun )
今、咲いてるバラは、同じのばかりです。(^_^;

DSC_0010_2017111219290304a.jpg
コーネリアは相変わらずあちこちで咲いています。


DSC_0018_201711121929056a4.jpg
ブラックティーの花色は深みを増し、花もちも良いです。


DSC_0007_20171112192901d4d.jpg
かわいそうなアンジェラ。黒点まみれで、残った葉は虫にやられてボロボロ。(><)
蕾もチョッキリにやられたらしい痕があります。
東向きの壁面を空けてあげたのに、シティー・オブ・ヨークが伸びてのしかかっています。
いつになったら本領発揮できるのやら。


DSC_0029_20171112192908831.jpg
カイガラムシがついて、マシン油つけた歯ブラシでシャカシャカ落としたバラ。
芽は窒息しなかったみたいで、きれいな葉っぱが展開してきました。


花のコピー


DSC_0026_2017111219290638f.jpg
アマ。この発芽率、ビオラ・コルナータに見習ってほしいです。(^_^;  
間引かずこのままのほうが倒れなくていいって、あっぷるりんさんに教わりました
周りには、こぼれ種で出て来たオルラヤを抜いて来て植えました。
さらに倒れにくいように、囲む作戦。(^皿^)


DSC_0001_201711121929009b1.jpg
種まきビオラ、蕾つきました。やったね♪


花のコピー


DSC_0032_20171112192909c97.jpg
柿とバナナと牛乳のミックスジュース。とろりと美味しいです。(^^)v
これならあっという間に消費できます。
柿ジャムも考えたのだけど、渋柿だと、加熱すると渋が戻ることがある
と書いてあったので、固いのを少しだけ残して全部ピューレにして冷凍しました。
あとはシャーベットか、ミックスジュースで、好きな時にゆっくり食べられます。
やれやれです。( ´o`)=3


花のコピー


スポンサーサイト

テーマ:バラが好き! - ジャンル:趣味・実用

| バラ | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
園芸家12カ月
2017 / 11 / 05 ( Sun )
DSC_0034_20171105220856b72.jpg
DSC_0009_201711052208476a6.jpg
秋色のジョナサン。葉っぱなんてろくになくて、あっても黒点でひどいもんだけど 、次々蕾が上がって咲いています。
うちでは2月まで咲いて、4月にはまた咲き始めます。


DSC_0001_201711052208420f2.jpg
DSC_0003 (1)
やっときれいに咲けるようになったオールドブラッシュ。
これもジョナサンと同じ、2月まで咲いて、4月にまた真っ先に咲き始めます。
この2つは、暖地の我が家では、春夏秋冬、完全な四季咲きです。


DSC_0037_20171105220858029.jpg
DSC_0038_20171105220859d07.jpg
冬咲きクレマ、シルホサ系のジングルベル。もう蕾が付いています。
あわてて日の当たるところへ移動しましたが、つるバラに絡んでて引き剥がすのにひと苦労。 L(><)」
日陰で生きていこうと、がんばってツルを伸ばしてたのにゴメン。m(_ _)m
折れたとこはいつものようにセロテープで補修です。(^_^;


DSC_0013_20171105220850532.jpg
種まきビオラの苗、生育いいの悪いのありますが、いいのはこれくらい。
消えたのは数ポット。まずまずです。


DSC_0012_2016110619074593e_201711052208494b4.jpg
これは去年の同じくらいの時期の苗。ね、今年の方がだいぶ生育がいいでしょう? 
種まきしたのは1〜2週、今年の方が早いのかな。年内開花イケそうです。


花のコピー


DSC_0002_20171105220844d37.jpg
「バラと雑草・小さな菜園と」のmimihaさんがコメントで「園芸家12カ月」という本のことを
紹介してくださったので、アマゾンの古本をポチ。
ちょうど、「けめこのなんでもない日」のけめこさんのところでも
カレル・チャペックの本がアップされていて、読みたいと思っていたところでした。

80年以上も前に書かれた本ですが、チェコの著名な作家であるカレル・チャペックさんが
まるで近所の園芸好きのおっちゃんのように思えてきて、とっても楽しい本です。
思わずニヤニヤしてしまう、園芸あるある満載です。(^皿^)
翻訳者もかなりの園芸好きらしく、巻末の訳注が長い長い。(*^ω^*)ノ彡 デルフィニウムだけで1ページ。(笑)

本の下に開いてあるもう一つの本は、前から持っていた「チャペックの本棚」という装丁の本。
カレル・チャペックの兄、ヨセフは画家であり、 装丁デザイナーでもあるのです。
探してみたら「園芸家12カ月」のオリジナルの装丁デザインが載っていました。
右のページ、スコップ片手に嘆いているようなユーモラスな園芸家の絵です。

第一次大戦後から自分で表紙を作り始めたそうですが、物のない時代で版材が手に入らず
床材のリノリウムを彫って版にしたとか。
色数は少ないけれど、温かみがあり、可愛らしい感じ。他の本も、とても美しい装丁です。
文庫版の挿絵もヨゼフ・チャペックのものが使われています。


DSC_0016 (1)
例のビオラ・コルナータのポット。う・う〜ん・・・ハコベ? 毛が生えてるの。
やっぱりビオラじゃなさそうです。

「園芸家12ヶ月」の一節に、こんなのがありました。種まきのお話です。
「息をころして鉢の上にかがみこみ、はやくはえろ、はやくはえろ、と目でおびき出す。
・・・もう出てきたかと歓声をあげかねないばかりによろこんで、最初の芽生えを掌中の珠のごとく大事にする。
・・・ひょっとすると雑草ではあるまいか、という不安がおこる。
まもなくそれが、たんなる杞憂でないことがわかる。」

まさに! それだぁ〜。


花のコピー


DSC_0016_201711052208542ac.jpg
DSC_0003_201711052208463e4.jpg
あっぷるりんさんから、うれしい素敵な贈り物 
クレマチスのダッチェス・オブ・エジンバラと、ペラルゴニウム・シドイデスの挿し木苗です。
クレマは白いきれいな八重の花、いいなぁって言ってたのを覚えていてくださって。
シドイデスは、うちからお嫁入りした挿し木苗の子ども。
うちのは枯れちゃったって言ってたのを、それも覚えていてくださって、お里帰りです。
どちらもきれいで元気な苗です。 うれしいなぁ。

そして、素敵なバラのルームフレグランスと、かわいいマスキングテームも。
楽しく使わせてもらいますね〜! いつもありがとう!\ (^o^) /


花のコピー


テーマ:花と生活 - ジャンル:趣味・実用

| バラ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
見飽きないバラ
2017 / 10 / 27 ( Fri )
ブラックティーが咲いています。

DSC_0087_20171027064907b7e.jpg
秋バラが一番魅力的なバラ。私のファーストローズです。


DSC_0001_20171027064859292.jpg

DSC_0035_2017102706490097f.jpg

以前にどこかのお花屋さんのサイトで「見飽きたバラ・・」と書かれているのを見ました。
その後には「でもやっぱり美しい」と続くのですが
それでも私にはその「見飽きたバラ」という表現がショックでした。
一時期、切り花で流行ったバラでしたので、お花屋さんでは
アレンジメントや花束でイヤと言うほど使ったのでしょうけれど。(^_^lll)


DSC_0054_2017102706490249e.jpg

DSC_0106_20171027064908207.jpg
流行り廃りのあるお花の世界では、もうとっくに時代遅れなのかもしれないけれど、私は見飽きません。
30年前にバラ専門店で見た憧れのバラ
あのバラが自分の庭で咲くなんて。植えて8年。今でも咲くたびに感動します。
時間を追って、開き具合、光の加減、変わるたびに、何枚でも写真撮りたくなります。


花のコピー


DSC_0078_20171027064905054.jpg
DSC_0077_2017102706490400f.jpg
ラケナリアの球根、ネットの中で芽が出ちゃってます。植えなきゃね。


花のコピー


テーマ:バラが好き! - ジャンル:趣味・実用

| バラ | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
秋のやさしいバラ
2017 / 10 / 02 ( Mon )
DSC_0016_2017100219502047a.jpg
DSC_0001_20171002195009aca.jpg
コーネリア。これがたくさん咲くとボーボーの庭の表情がやさしくなります。


DSC_0039_201710021950277d5.jpg
地植えのナエマも小ぶりな花で、コーネリアと一緒に咲いてます。
ぱっと見わかんないでしょう? 左2つがナエマです。(^^)


DSC_0240.jpg
DSC_0234.jpg
挿し木苗で鉢植えのナエマ。朝早くに撮ったのでこんな色です。うっとりする香りです。


DSC_0018_20171002195022236.jpg
オールドブラッシュもずっと咲いてるのですが、開くとすぐ全開してカリカリ。
写真撮れてなかったのです。


DSC_0025_20171002195024da9.jpg
アンヌ・マリー・ドゥ・モンラベル。もっと大きくなって、雪のように咲いて欲しいのです。
ハダニに弱いのでなかなかです。


DSC_0243.jpg
DSC_0255.jpg
ラ・マリエ。ずっと日差しが強かったので、これも傷みが早いです。
花持ちいいバラなのにね。


花のコピー


DSC_0014_20171002195014f31.jpg
新潟のいとこから、新米が届きました。待ってました!\ (^o^) /
数年前から高齢の叔父からバトンタッチ。無農薬有機栽培です。
まだ半分くらいしか稲刈りが終わってないうちに、送ってくれたそうです。
本当にとれとれの新米。ありがたいことです。

毎年、新米が届いた日は、家族みんな、まずはおかず無しでごはんだけ、一口食べてもらいます。
二口目からはおかず解禁だけど、この日はお茶漬け、汁かけご飯禁止。
「米の味はわからん」という息子も、一応付き合ってくれます。
八十八の手間暇かけたお米。顔が見えてる相手だからなおさら、感謝して味わっていただきます。


DSC_0003_20171002195013fa4.jpg
この世で一番美味しいもの。私にはね。
具も何も入れてない新米の塩にぎりです。
冷めたご飯の方が、お米の香りも甘みもよくわかって、しみじみ美味しいと思うのです。


花のコピー


訪問ありがとうございます。ブログ村に参加してみました。
気が向いたらポチッ☆と、よろしくお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
花ブログ 小さな庭


テーマ:バラが好き! - ジャンル:趣味・実用

| バラ | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
台風過ぎて
2017 / 09 / 19 ( Tue )
台風、皆さんのところは大丈夫だったでしょうか?
こちらは、まぁ珍しくホンマに直撃。
さすがに凄かったけど時間はそう長くなかったので、被害はありませんでした。ε=( ´o`)


強いて言えばこれくらい・・・
DSC_0025_201709191805025b6.jpg
入り口付近のツルバラ、シティ・オブ・ヨークの枝。伸び放題なのをくくってあった麻ひもがちぎれて
のれんのように垂れ下がってます。(^^|||)
あの風だから、どれか折れたかと思ったけど、折れてはいないみたい。


DSC_0007 (1)
DSC_0006_20170919180456b3a.jpg
台風の前に、マンションの生け垣の剪定が入りました。
トキワマンサクですが、南に面したフェンスの上60~70cmまで伸びてたので
剪定してもらうと日当りが俄然違います。


DSC_0026_2017091918050443a.jpg
DSC_0015_20170919180459329.jpg
生け垣の裏側にあるコーネリアは切らないでってお願いしました。
ちょうどこれから咲くところだもの。
シティ・オブ・ヨークが外にはみ出てたので、それは切ってもらいましたが。


DSC_0018_20170919180501c5e.jpg
スイートチャリオットは、親株と挿し木苗があるのですが、かわりばんこに咲いてくれます。
これは挿し木苗。


DSC_0008_20170919180458172.jpg
DSC_0076_20170919201349a8b.jpg
ミセス・オークリー・フィッシャー。


DSC_0005_20170919180455c78.jpg
ラ・マリエ。夏中、繰り返し蕾が上がるのを摘雷してました。しっかりした蕾がいくつもついてます。


DSC_0003_20170919180454eb2.jpg
ファビュラス! これも摘雷してたけど、ミニバラサイズ。
細いシュートしかないので、また摘雷します。まだ完全復活とはいかないみたいです。


花のコピー


訪問ありがとうございます。ブログ村に参加してみました。
気が向いたらポチッ☆と、よろしくお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
花ブログ 小さな庭


テーマ:バラが好き! - ジャンル:趣味・実用

| バラ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム | 次ページ